スタイル

こんばんは。

今日もしっかりと
飲んでます。

今年は厄年なのですが
あまり気にしてません。


今まで良い事がない人生を歩んで来てるので
今更厄年って言われても、、

毎年毎月毎週毎日
辛いし、苦しいし、悔しくて、
憎くて、痛くて、痛くて、痛くて、


そんな日々なので
全然気にしてません(゚∀゚)


むしろ周りの人達に影響を及ぼさないか心配です。


オレの人に対する影響力ハンパないから


自画自賛だけど
マジだから。

オマエらの事
バカとかクソとか散々言ってるだろ?

所詮、
オレの掌の上の駒だから、オマエら。
そう言う事。



オレはオレしか信じない。

オレたちの音で
表現するだけ。




スポンサーサイト

矛盾と理不尽の自己牽制

いや、別にブログ辞める訳じゃないから。
責任も影響力もない
好き勝手に書けるこんな居場所、
辞めないから(・∀・)
心配メールありがと、御二方。



コメントでくれよwww


毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日
毎日、
ストレスと不信感にプラスして
焦燥感と得体の知れない威圧感に
苛まれてます。


なので、
あんまり考えないようにしました。


って考えたら

それって負けじゃね?!

って思ったので

考え直して

クビになる気満々で
ネガティブオーラ全開で帰ったら
社長いないし(°д°)


でも
更に更に考え直して

思い留まり、

心に負担をかけないように、
オレ自身、
精神と言う内面のもう一人のオレに気遣えるような
そんな仕事ライフ、過ごせるように頑張ります。


いや、頑張りません、

心に正直に生きたいです。


なるべく我慢しないようにします。
嫌われても、面倒くさがられても
相手の意見に1回は本音を言う。


それで受け取ってもらえず
考える猶予もなく意見通されたりしたら

客だろうが職人だろうが番頭だろうが
社内の人間だろうがメーカーだろうが

その事を
悪の根源と認識し、

それスタートの
諸々飛び火させて

会社辞める。


それはオマエらクソ共が
オレにやって来た事だから
今更、は?みたいな顔とかするんだろうな。
ウケる、馬鹿面が浮かぶwww


あーーーーーーー


文章にしたら楽になった。

オレが受けたオマエらの3億回のイライラを
オマエらがオレに対するたった1回のイライラで
オレを辞めさせるんだからな、面白い。


性格悪いよな。オレ。


ただ本当はちゃんと向き合って欲しいだけかもな。
ハイ、ハイって何でも聞いてたオレも悪いんだけど
会話で解決していければね。

相手が一方的だったら即終了だけど。

ちゃんと話して
お互い嫌な思いしないで事が進んでいけば
一番いい。

出来れば
ちゃんと認められて
この会社で仕事を続けていけるのが、
一番望んでいる事だと思うから。

だから尚更
今まで接して来た人達の本心を知ろうかと。

自分を知る為に。








悪の根源になりうる人に出会いませんように。
みんながみんなワガママじゃないと思いたい。





stress

久々の
夜間工事!ただいま!

今日は20代の職人さんと和気藹々と仕事してました。
この子はオレの言う事はちゃんと聞くから好き。
しかも上手いし早い。

まぁ置いておいて。



3年程前の冬、
仕事中倒れて救急車で運ばれた事がありましたが

なんか騙し騙し生活しているな、と。

あの時医者には
胃がボロボロです、過度なストレスを背負ってないですか?

と、

そんな症状でした。


今、



まさに


いつ倒れてもいいくらい
ストレスいーっぱい抱えてまーす(・∀・)


ストレスと不安と怒り。


今日、若い職人さんにも

なんか元気ないですね?


と、
心配されてしまいました、不覚╭(°A°`)╮


そんな事ないよー
ストレスしかないからー
あと、不信感ねー


と、
サラっと答えてました。




次倒れたら
仕事辞める。


最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered By fumito the bloom

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

プロフィール

腐味

Fumi Ito

Author:腐味
月と恋は満ちれば欠ける
安定は恋を殺し、
不安は恋を掻き立てる
心情は常に
不条理のスパイラル
永遠に続くのはこの想い
あぁ、
素晴らしきこの世界(・∀・)

名言

地球の名言 -名言集-

Twitter on FC2
メール(意見、感想、チケ予約など)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード